cafe ねこぱんは京都府南山城村にある廃校の小学校にある小さなカフェです

営業時間 (第1、第2、第3 土曜日と日曜日) 11:00−17:00

ニュース

4/24(Sun)西森千明さんの演奏会が行われます。

By | 未分類 | No Comments

 

image

西森千明が2ndフルアルバム『かけがえのない』を録音 した南山城村の旧田山小学校その場所で、再び、演奏会を おこないます。

 

【出演】
西森千明
田辺玄

【日程】
2016年4月24日(日)
12時:開場 ランチ&散策
14時:開演
16時45分:終演

【場所】
旧田山小学校・教室(京都府相楽郡南山城村田山中シヨジ )
※ 京都高山郵便局 向かい

【アクセス】
JR月ケ瀬口駅より徒歩50分程度。自然豊かで気持ちの いい道のりですが、夜はかなり暗くなるので、お車でのお 越しをお奨めします。電車しか交通手段がない方は、予約 時にご相談ください。

【料金】
4000円(FOOD WORKER FUNAKIのランチ&ドリンク付き)

 

あの日、西森千明はお客さんと一緒に「琥珀涙」を歌った 。過ごしてきた時間や見てきた景色が異なるひとりひとり が、まわりの声を聴き、一つの音を歌う姿は、祈りのよう だった。人は独りだからこそ、他者がかけがえのない存在 になり、あなたもかけがえのない存在だから、響きあうこ とができる。

“一緒”とは、長く続く物事のつながりの一点を共にする ことであり、一つのきっかけからつぎつぎと引き出される 思いを共有することだ。
西森千明の歌が、ひとりひとりがこれまでに流してきた涙 を受け入れ、ひとりひとりの言葉にならない想いが、ひと つの歌となって、解き放たれていった。

2016年4月、西森千明は再び旧田山小学校で演奏会を 開く。
歌は続いている。あの日からも、もっと昔のどの日からも 。
彼女は耳を澄まし、満ちる気配に新たな息を吹き込むよう に、歌うだろう。それは未来への祈りでもある。過去への 微笑みで、あなたへのささやきでもある。

ひとりひとりが響きあうことは、ひとりひとりと抱きしめ あうことに似ている。
むすばれて、ひらかれていく。「いま」に息を吹き込んで いくのは、わたしたちである。

http:// ignitiongallery.tumblr.com/ post/140384216752/

○本日18:30〜ニュース番組内(NHK京都放送局)にて、旧田山小学校の様子が放送されます!

By | 未分類 | No Comments

image image image image image image

先週金曜日、桜が満開のなか、
NHK京都さんと臨済宗大徳寺派・大本山の京都大徳寺のお坊さん、
そして大徳寺御用達工務店の方々で、
“野点(野外でたてるお茶)”の撮影が行われました。

竹のみで作った空間を茶室に見立て、
そよ風で桜が舞い散り、鳥がさえずる中でのお茶席。
とてもゆったりとして気持ちの良い時間でした。
旧田山小学校の卒業生の方々や勤務されていた方も出演されます^ ^